フィトンチッド(Phytoncide)とは・・・
Phyton + Cide・・・・ 植物が自分の身を守るために発する成分

(植物)   (殺す)
フィトンチッドという言葉は1930年頃にソ連のトーキン博士がつくりだした言葉です。
フィトンは「植物」をチッドは「他の生物を殺す能力を有している」という意味の事です。
植物から発生するフィトンチッドは森林の「におい」として認識されてきましたが、最近になってこの「植物揮発性ガス」が人間の健康にとって大切な役割をはたしていることが確認されてきました。
近年は、SARSの出現が中国広東地域一帯の森林荒廃化に深い関係があると報道されています。
森林の喪失はフィトンチッドの喪失を意味します。 現代の生活習慣では、多用の化学物質を摂取します。
人体に誘発している各種症候群も深刻な現実です。